2010年04月12日

海外に出て行くほど

外国人と接する機会が多くなるほど、
自分が日本人であることを自覚するようになる。
そういう経験をする人は少なくないと思います。

私がいつも思うのは、
自分が日本に関する知識が少ないこと。
みんなが知りたいような漫画・アニメのことはほとんど知らないし、
宮崎駿、北野武の映画はほとんど見たことがないし、
歌舞伎のこととか聞かれても英語で答えるのはさらに難しいものです。

一番苦手なのが日本史。
高校では世界史をとってしまったし、
大学でも日本史を選ばなかったし、
それに近代史となるととてもデリケートな話題なので、
変に口出しするとややこしくなるので、
「無知でごめんなさい」と開き直ってしまうのが一番かと。

日本のことを聞かれるというのは、
ただ単に日本のことを聞かれているだけではなく、
私がどういう文化、環境で育ってきたのかという
私自身に対する興味でもあったりすると思うので、
答えられないというのは本当に申し訳なく思うのです。

それともう1つ。
自分が有色人種であるということ。
それをネガティブに思う人がいることは避けられません。
そういう人に逆に反感をもつのは、
自分の「負け」だと思うようにしています。
自分を同じレベルまで下げてしまうことですから。
あきらめるしかないのでしょうかね。

同じような経験のある方、いらっしゃいますか?

posted by しょうこ at 01:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

先週のイースターホリデイ

先週末はイースターホリデイでした。
金曜、月曜とお休みで4連休。
というわけで、ロンドンへ行ってきました。

にぎわうポートベローマーケットから
チューブ・ステーションに急ぎ足で向かっていたときのこと。

突然トレンディなおネエさまに腕をつかまれ、
私のTシャツを見て、
「それローリングストーンズ?」
というので、
「いいえ、MC5です」
と答えたら、
「Oh...」
と、さっさと立ち去っていきました。

MC5のどこが悪いんじゃ!
ファッション・ヴィクティムめ!
posted by しょうこ at 01:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月02日

アーセナルの死闘



昨日のUEFA Champions League、アーセナル対バルセロナ戦。
すごすぎました。
押しまくるバルセロナ。
抵抗するアーセナル。

大好きなファブレガス。
もともと負傷してたにもかかわらず、
PKで同点ゴール!そして、足は悪化。

もうプレイできないだろう、と思ったのに、
残り5分もびっこを引きながらピッチを走る。
もうやめて!と思う反面、
これだから大好きなんだな、セスク!とも。

しかしながら、足にひびが入り、
今シーズンはもう試合に出られず。
ワールドカップも危ういらしい…
posted by しょうこ at 07:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月30日

今日ふと思ったこと

せっかく1度きりの人生だから、
どうでもいいことに気をとられないで
毎日を大切に楽しく過ごせたら、と思います。
なにかで心を曇らせるのは時間の無駄ですから。
特になにか嫌なことがあったわけではないです。
ただ、いつもなんとなくそう思うのです。

充実した毎日、自分のやりたいこと、
いろいろ考えたんですけど、
もう自分のためになにかするということは
数年前からどうでもよくなってしまったのです。

私が一番したいのは
だんなを幸せにしたいこと。

あらゆる手を尽くして、
だんなを笑顔にするのが好きです。
なにか楽しいことをするときは、
一緒に分かち合いたいし、
世の中のしがらみにあったら、
守ってあげたいのです。

うちは宇宙の中心。
ここに帰ってくれば、すべて安泰。

そういう努力をしてだんなを笑顔にすることが、
結局、私自身の喜びにつながります。
「生きがい」っていうのでしょうかね?
posted by しょうこ at 07:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月28日

スイセン

黄色い水仙が庭に咲きました。
flower2.JPG

ワーズワースの詩を思い浮かべます。

The Daffodils by William Wordsworth
Jeremy Ironsの朗読でどうぞ。


posted by しょうこ at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。